パラオ生活8年のダイビングインストラクターのブログです

パラオでコロナに感染したら!?検査や自宅隔離についてまとめました。

こんにちは!

なんとなんと、私、先月末にパラオでコロナにかかってしまいました(;^ω^)

今は無事陰性となったので元の生活に戻っています。

なので今日はかかっていた間のこととその後の経過について書きたいと思います。

突然の発熱

先月、パラオでOur Ocean Conferenceという大きな海洋会議が行われ、来島者が増えたこともありパラオ全体のコロナ感染者は増えておりました。

あまり人混みには行かないよう気を付けていたのですが、金曜日のお昼頃急に悪寒と節々の痛みを感じ、熱を測ると37.8℃。

コロナ禍になってからの2年間、風邪をひいたことはなかったので嫌〜な予感がしました。。

とりあえず家にあったカロナールで解熱。パラオではコロナの検査をしてくれるのが基本平日のみだったので3日後の月曜日まで待つしかなかったのですがボスが簡易のコロナ検査キットを分けてくださいました。

ちなみにこの検査キットは綿棒を鼻に入れてぐりぐりするタイプです。

検査キット

15分で結果が出ますが、早々にTの線がくっきり!

陽性でした。。

ちなみにCが陰性。Tが陽性です。陽性の場合は両方に線が出ます。

OMG。嫌な予感が当たってしまいました。。。

始まった隔離生活

というわけで隔離生活がスタートしました(涙)

なんせ熱でしんどかったのでただただ寝続けました(笑)

カロナールのおかげか熱はずっと37℃前後で高熱は出なかったのでよかったです。

最初の3日間は本当にずっと寝てました。ご飯の時間に起きて食べたら薬を飲んでまた寝る。汗をかく。水をたくさん飲む。の繰り返しです。

そのおかげか4日目には熱はだいぶ落ち着きました。その代わりに今度は咳が止まらなくなり正直こっちのほうが辛かったです!(´;ω;`)

パラオの検査センター

月曜日、パラオ国立病院にある検査センターへ行くと長蛇の列!!

パラオ在住者も旅行者も皆同じ場所でのチェックなので人が多い・・・(;^ω^)

検査は家でやったのと同じタイプで自分で鼻の中をぐりぐりやったら番号を渡され呼ばれるまで待ちます。

屋外のテントで待機です。

30分くらい待ったかなぁ?という感じでした。呼ばれていくとやっぱり陽性でした。涙

親切なお姉さんから陽性だよと宣告され、少し問診された後隔離のスケジュールを伝えられます。そしてさらに別の場所へ行って検査を受けてと言われマスクを貰いました。

少しだけ移動した場所に陽性者専用の簡易検査会場があり、お医者さんに問診されます。問診後は解熱剤(タイレノール)とマスクをまた貰ってよく水を飲んで休んでね~と言われて終わりました。(笑)

検査結果と隔離スケジュール

会場では知り合いの日本人の方たちも結構いて、陽性の方や濃厚接触者になってしまった方がちらほらと。

次の検査は5日後と言われたので翌週の月曜日にまた行くことにしてしばらく家でおとなしくしていました。

家にいる間は体のだるさと咳の辛さがあったのでできるだけ寝るようにしていました。

隔離中はスーパー等への買い物へ行けないのでクルコンスタッフの皆さんにお願いをして水や食糧を持ってきてもらい、本当に助かりました。メールをくれるスタッフもいて人の優しさに触れると心に沁みます。

そしてボスがたくさんのものを差し入れしてくださって、直接接触しないように玄関のところに差し入れを置いて行ってくださっていたのですが、こんな風にドリンクだったり餃子だったりデザートやフルーツ等、本当に嬉しかったです〜

玄関先に置かれている差し入れ

ロールケーキとミントレモネード!

日本の餃子とジュース!!

DAY10

コロナ陽性になって発熱、咳で苦しみましたが8日目頃から咳も随分落ち着いてきました。

そして10日目に再度検査センターへ行き、チェックしてもらったら無事陰性となりました!

やっと解放だ〜!ということで溜まっていた洗濯物をしたりお買い物へ行ったりしました。たった10日でも外の世界はなんだか新鮮に感じます。

その後の経過とダイビングへの影響

陰性になってからの経過ですが、鼻詰まりがあったせいか味覚と嗅覚が少し鈍くなっていました。なんとなく味と匂いがぼやけているような、そんな感じでした。

今はもう完全に戻っています!

そして私自身少し心配していたダイビングへの影響ですが、耳抜きが少ししづらいくらいで他は特に問題ありませんでした。

咳がたまに出るのでむせると面倒ですが、そこまで大変ではないです!

私の場合こういう症状でしたが人それぞれ違うと思いますので、心配な方は病院で検査してからダイビングを再開される方がいいかと思います。

陰性になってからも咳が出続けているならまだダイビングはしないほうがいいと思います。何事も無理は禁物です。安全第一!健康第一ですからね!

健康第一!

コロナにかかって周りの皆さんの優しさにとても救われました。

そしてうちの猫たちも具合が悪いのがわかったのかずっとそばに居てくれました。かわいい。。

足元で寝てる^^

そして久しぶりに海に入ってやっぱり海が好きだなぁと感じます。お客様たちと久しぶりに会って講習したり、ガイドしたりすることはとても幸せでただただ普通に潜れることがこんなに有難いことだったんだなぁと改めて実感します❤️

一度コロナにかかったら次はかかりづらくなると聞くので、もう今は無敵な気分です!

ですが十分気をつけながら生活していこうと思います。

早く日本の皆さんとも潜れる日がきますように!それまでもう少し!

たくさん楽しんでいただけるように準備して待っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA